裁判の日程   

2015年 02月 01日

c0152239_1240687.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――
   訴訟団体名称     開廷日   曜日   時刻  法廷  

まもれシモキタ行政訴訟の会 3月24日 (火)15:30 103

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下北沢都市計画道路事業認可処分差止等を請求しています。
次回の口頭弁論は第35回目です。毎回およそ45分強の口頭弁論を行っています。
下北沢に必要のない道路を作らないよう訴えています。道路を作る本当のねらいは、小田急線の「連続立体交差事業」(これは鉄道事業ではなく道路事業です)とともに道路建設を契機として、街を再開発し、巨大な高層建築物の建設を誘導し、投機的な資本の投入を促進して現在の下北沢の街を根本から変えることにあります。
大法廷を傍聴人で一杯にし、この訴訟への関心の高さを裁判官にアピールすることが重要です。
法廷終了後に、弁護士会館で裁判の内容について弁護団からの解説、また、質疑応答・意見交換を行います。
是非とも傍聴にお出でくださいます様よろしくお願いします。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
「まもれシモキタ!行政訴訟の会」は、下北沢地域の住民や商業者たちが中心となり2006年8月に結成、2006年9月7日に東京地裁に訴訟を提起しました。
この訴訟は、下北沢の街なみを破壊し、生活・商業・文化に大きな打撃をあたえる「補助54号線」や「駅前ロータリー」(区画街路10号線)など、下北沢地区の再開発計画全体の違法性を問い、その見直しを実現することを目指すものです。
その昔、萩原朔太郎、横光利一、坂口安吾、斉藤茂吉、中村草田男、福田正男、中村汀女等の多くの文人が住み散策した下北沢。ここ30年余り、庶民的な音楽と演劇の街へと発展してきました。路地があり、温もりがあり、個性的なお店があるこの街を大切に育てて行きたいと考えています。街を分断する26m幅の道路と高層ビル街は要りません。
私たちは、この訴訟によって、本当の意味での市民参加による街づくりの可能性をさぐり、この国の公共事業の構造を大きく転換させる端緒を開きたいとも考えています。
どうぞ、ご支援をお願いいたします。
【参考資料】
〔訴状〕
http://www.shimokita-action.net/archive/x_genkoku/x-sojyou.pdf
〔ステイトメント〕
http://www.shimokita-action.net/archive/060907_statement.pdf

~・~・~・~・~・ ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
開催法廷は裁判所の都合により変更される場合がございます。
当日不明の場合は斉藤 驍(さいとう ぎょう)法律事務所に
お問い合わせ下さい
<電話番号>03-3237-0888                            
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
    

[PR]

by kangyokyo | 2015-02-01 21:10

行政訴訟シンポジウムの報告 >>